アーツスプレッド mit-on.com

一般社団法人アーツスプレッド 〜Life with music〜

ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2016〜祝祭コンサート〜

コンクール2016コンサート

第1夜

〜カバレフスキー・フェスト in Tokyo / 20世紀ソビエト連邦作曲家の再考 〜
『ヴァシリー・シェルバコフの世界』
〜ドミトリー・カバレフスキーの大甥・ヴァシリー・シェルバコフが描くロシア音楽の神髄〜
◆3月8日(火)開演19:00(開場18:30)
・カバレフスキー/ピアノ・ソナタ 第2番 変ホ長調 Op.45
・カバレフスキー/チェロ・ソナタ 第2番 ロ長調 Op.71  
・ムソルグスキー/組曲「展覧会の絵」
出演=ヴァシリー・シェルバコフ/Vasily Shcherbakov(Pf)、ニコラ・ルーツェヴィチ/Nikola Ruzevic(Vc)
チケットは「チケットぴあ」でご購入いただけます。
Pコード:288295 チケットぴあ・チケット販売ページヘ

第2夜

『珠玉の室内楽作品〜晩年の傑作を集めて〜』
◆3月10日(木)開演19:00(開場18:30)
・モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ 変ロ長調 KV454
・ショパン/チェロ・ソナタ ト短調 Op.65
・ブラームス/クラリネット・ソナタ 第2番 変ホ長調Op.120-2 他
出演=ルツ・レスコヴィッツ/Luz Leskowitz(Vl)、アンドレアス・ヴェーバー/Andreas Weber(Pf)、二宮 和子 /Kazuko Ninomiya(Cl)、ニコラ・ルーツェヴィチ/Nikola Ruzevic(Vc)、三谷 温 /On Mitani (Pf)

チケットは「チケットぴあ」でご購入いただけます。
Pコード:288296 チケットぴあ・チケット販売ページヘ

第3夜

『特別記念ガラコンサート』
◆3月11日(金)開演19:00(開場18:30)
〜審査員とこれまでのザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール入賞者による特別演奏会・レセプション付〜
・モーツァルト/ピアノ三重奏曲 変ロ長調 KV502 他、
出演=ルツ・レスコヴィッツ/Luz Leskowitz(Vl)、アンドレアス・ヴェーバー/Andreas Weber(Pf)、ヴァシリー・シェルバコフ(Pf)、
   ニコラ・ルーツェヴィチ/Nikola Ruzevic(Vc)、三谷 温 /On Mitani(Pf)、
   これまでのザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール入賞者

チケットは「チケットぴあ」でご購入いただけます。
Pコード:288297 チケットぴあ・チケット販売ページヘ

場所:ヤマハ銀座店6階コンサートサロン
入場料:一般4,000※円 学生2,000円、(※11日のみ、ワイン・ドリンク付)
主催:一般社団法人アーツスプレッド
共催:ヤマハ銀座店、エスターハージー財団
助成:朝日新聞文化財団、(株)ソナーレ 

出演者・曲目は、変更になる場合があります。

お問合せはこちらから

出演者プロフィール

ルツ・レスコヴィッツ/Luz Leskowitz(Vl)
13歳でウィーン音楽アカデミーに入学。20歳でロンドン・エリザベスホール、ニューヨーク・カーネギーホール等にてデビュー。メニューインの招きでロンドンのメニューイン音楽院で後進の指導にもあたった。1979年ザルツブルガーゾリステンを設立、アメリンク(Sop)、ケンプ(Pf)、ロストロポーヴィッチ(Vc)、バウマン(Hr)等数多くの名演奏家と共演。ミラベル宮殿におけるシュロスコンサート音楽総監督としても活躍。使用楽器は1707年製ストラディヴァリウスの Ex-Prihoda。


アンドレアス・ヴェーバー/Andreas Weber(Pf)
ケルン及び、ザルツブルク芸術大学卒業。カリン・メルレ、ハンス・ライグラフ両教授に師事。世界各国で演奏活動を行う。韓国、中国、その他ヨーロッパ各地でのマスタークラス講師、世界各国のコンクールの審査員をつとめる。2002年よりMozarteum教授、加えて2005年には、非常に有能な若い学生のための教育研究機関「レオポルド モーツァルト研究所」所長に就任、国際的なレベルの音楽家を育成、多くのコンクール入賞者を輩出している。2009年以来、Mozarteum国際夏期アカデミーの教授もつとめている。


ニコラ・ルーツェヴィチ/Nikola Ruzevic (Vc)
クロアチアを代表する現在最も注目されるチェリストとして国際的に活躍。E.シェーンフェルド、A.ヤニグロ等に師事し、数々のコンクール受賞歴を持つ。1992年最年少でザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団のソロ首席奏者にむかえられ、2005年まで在籍。ソリストとしても数多くのオーケストラと共演。後進の指導にも大変優れ、世界各国の大学や音楽祭に招かれてマスタークラスを開く。ザグレブ音楽院、USCを経て2007年よりノース・テキサス大学教授に就任。


ヴァシリー・シェルバコフVasily Shcherbakov(Pf)
古典から現代(シュニトケ、リゲティ等)迄、幅広いレパートリーを持ち、世界各国において、コンサートピアニストとして活躍。ロシアの作曲家・教育家ドミトリー・カバレフスキーの大甥にあたり、カバレフスキー作品のヨーロッパ初演を数多く行い何れも高い評価を得た。演奏活動に加え、ロシア国内外で教育・普及活動にも力を注ぎ、現在モスクワDSCH音楽祭監督、カバレフスキー国際音楽コンクール審査委員長等もつとめている。


二宮 和子 /Kazuko Ninomiya(Cl)
桐朋学園大学卒業(2期生)。フランス政府給費留学生として渡仏、ジャック・ランスロー教授に師事。フランス国立ルーアン音楽院を審査員満場一致の首席で卒業後、世界各国で演奏活動。フランス・パリ国際クラリネット協会コンクール他、国内外のコンクール審査員を数多く歴任。その活動は海外でも高く評価され、1989年にイギリスで出版の「Clarinet Virtuosi of Today(今日のクラリネットの巨匠達)世界55人」に選ばれる。桐朋学園大学、大阪音楽大学他で後進の育成にもあたり、優秀な奏者を数多く輩出。日本クラリネット協会・常任理事、桐朋学園大学(音楽部門)同窓会会長。


三谷 温 /On Mitani (Pf)
桐朋学園大学卒業。園田高弘氏の下で研鑽を積む。’03文化庁より初代「文化交流使」に任命された。毎年ザルツブルクにおける『On Mitani Zyklus』に出演する他、アメリカ、ロシア、欧州各地のマスタークラス、及び演奏会、音楽祭に度々招かれている。モスクワ・カバレフスキー国際音楽コンクール他国内外のコンクール審査員を歴任。昭和音楽大学准教授、演奏表現学会理事、(社)アーツスプレッド代表理事、アーツ室内オーケストラ音楽監督。http://mit-on.com

SpecialConcert1-lt

SpecialConcert2-lt