アーツスプレッド mit-on.com

一般社団法人アーツスプレッド 〜Life with music〜

アーツ国際音楽セミナー2018 in Japan《北海道》参加者募集

早春の北海道、大自然に包まれた静寂・・・
音楽を奏で、自己を見つめ、そして仲間と語らう素晴らしいひとときを・・・

小学生から、音大生、ヴァイオリニスト、チェリスト、ピアニスト、ピアノ指導者、そして、音楽を愛する全ての人へ

【期間】2018年3月17日(土)〜3月21日(水) 4泊5日 ※ 受講日程について、短縮・延長も承ります。ご相談下さい。
【宿泊・セミナー会場】中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ 他
【レッスンコース】ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、室内楽、ピアノ指導者、はじめての室内楽コース

※「はじめての室内楽コース」
室内楽の楽しさ・室内楽の基礎を、プロの演奏家と共演しながら学びます。
受講曲目は、独奏曲の演奏レベルを参考に、ご提案致します。
受講曲目例:モーツァルト:ヴァイオリンソナタ、サン=サーンス:「白鳥」、ベートーヴェン:チェロ・ソナタ等

Continue reading

アーツ国際音楽セミナー2017 in Japan《東京》参加者募集

フランスが誇る、世界的ヴァイオリニストにして、偉大な教育者。 ジェラール・プーレ氏から学ぶ

日時:2017年2月22日(水)、23日(木)、24日(金)、25日(土)修了コンサート&ミニコンサート
会場:渋谷区千駄ヶ谷5-29-7 ドルミ御苑401号室「日本ヴァイオリン アートサロン」
http://www.nipponviolin.com/hall/art_salon.php
レッスンコース:ヴァイオリン

終了しました

Continue reading

アーツ国際音楽セミナー2017 in Japan《北海道》参加者募集

早春の北海道、大自然に包まれた静寂・・・
音楽を奏で、自己を見つめ、そして仲間と語らう素晴らしいひとときを・・・

小学生から、音大生、ヴァイオリニスト、チェリスト、ピアニスト、ピアノ指導者、そして、音楽を愛する全ての人へ

【期間】2017年3月14日(火)〜 19日(日): 5泊6日 ※ 受講日程について、短縮・延長も承ります。ご相談下さい。
【宿泊・セミナー会場】中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ 他
【レッスンコース】ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、室内楽、ピアノ指導者、はじめての室内楽コース(新設)

※「はじめての室内楽コースを新設しました。
室内楽の楽しさ・室内楽の基礎を、プロの演奏家と共演しながら学びます。
受講曲目は、独奏曲の演奏レベルを参考に、ご提案致します。
受講曲目例:モーツァルト:ヴァイオリンソナタ、サン=サーンス:「白鳥」、ベートーヴェン:チェロ・ソナタ等

Continue reading

公式twitterを始めました

公式Twitter始めました。
TWITTER-1-1024x536




一般社団法人アーツスプレッド
@artsspread

よろしくお願い致します。

船越さやかのParis通信 第9回「ルカ・ドゥバルグとレナ・シェレシェフスカヤ その師弟関係」

パリ通信 第9回
「ルカ・ドゥバルグとレナ・シェレシェフスカヤ その師弟関係」
debargue 1Rena Shereshevskaya
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピアノを始めたのは11歳、まったくアカデミックな音楽教育を受けず、ピアノは別の勉強をしながらの〈趣味〉。20歳を過ぎてプロを志し、24歳でチャイコフスキー国際コンクールで4位に入賞……こんな驚愕の経歴でピアノ界の常識を覆したのが、今世界で話題のフランスの若手、ルカ(リュカ)・ドゥバルグだ。今年3月にはソニークラシカルからファーストアルバムをリリース、6月には初来日も果たした。
 ルカの演奏を初めて聴いたのは昨年の11月。折しもパリは同時テロの直後で、コンサート会場が標的になったことから、音楽業界の客足が落ち込んでいた時期であった。それにも関わらず、会場のサル・コルトーについて驚いたのは、当日券を求める人々の長蛇の列。ルカへの注目度が伺えた。
Continue reading

「イ・ムジチ」のヴィオリスト マッシモ・パリス&三谷 温による室内楽講座

~ヴィオラ、ヴァイオリン、チェロ、室内楽の公開レッスン・講座~

日時:6月6日(月)①11:00〜 ②18:00〜 ※開始時間が変更になりました。
場所:ヤマハ銀座店6階コンサートサロン
レッスン料:28,000円(通訳/会場費込)

聴講料:2,000円

レッスン スケジュール

11:00〜11:50 
◆シューベルト/アルペジォーネ・ソナタ
F.Schubert : Arpeggione Sonata     
◇Vla : 荒井朋子/Tomoko Arai
【夜の部】
18:00〜18:50 
◆バッハ/シャコンヌ(ヴィオラ版)
J.S.Bach : Chaconne (Vla version)
◇Vla :小田京子/Kyoko Oda
18:50〜19:40
◆テレマン/ヴィオラ協奏曲
G.Telemann : Viola Concerto
◇Vla.:北島 綾乃/Ayano Kiyajima 
休憩/Interval
19:50〜20:40
◆シューマン/ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47
R. Schumann : Piano Quartet Op.47
◇Vla :小田 京子/Kyoko Oda
 Pf : 高松 大介 /Daisuke Takamatsu
Vn : 佐藤 有紗/Arisa Sato
Vc : 笹岡 由加/Yuka Sasaoka
20:40〜
◆パリス教授によるミニコンサート
◇Vla : マッシモ・パリス/Massimo Paris
 Pf : 三谷 温 /On Mitani
通訳:植村 理一

プロフィール

Continue reading

アーツ国際音楽セミナー講師による特別演奏会

日時:3月13日(日)10時30分開場 11時開演
場所:中札内文化創造センター(北海道河西郡中札内村東4条南6丁目1番地3)
入場料:大人500円 高校生以下無料

終了いたしました

〜出演者〜
ルツ・レスコヴィッツ(ヴァイオリン)
Luz Leskowitz(Vl)
ニコラ・ルーツェヴィチ(チェロ)
Nikola Ruzevic(Vc)
三谷 温(ピアノ)
On Mitani(Pf)
Continue reading

ピアノ指導者の方、必聴!

〜より良いピアノレッスンのために〜

Special Lesson & Lecture By Prof. Andreas Weber & Prof. Vasily Shcherbakov
アンドレアス・ヴェーバー教授・ヴァシリー・シェルバコフ教授による
特別講座・レッスン

終了いたしました

〜欧州とロシアの音楽教育から学ぶ〜
2016-3講座
子どもへの指導上で、もっとも大切なことは?
子どもへ教えるテクニックのポイントは?
子どもが学ぶべき必修曲は?

Continue reading

アーツ国際音楽セミナー2016 in Japan《東京・北海道》参加者募集

早春の北海道、大自然に包まれた静寂・・・
音楽を奏で、自己を見つめ、そして仲間と語らう素晴らしいひとときを・・・
(本年度は、特別に一部東京でも開催します)

小学生から、音大生、ヴァイオリニスト、チェリスト、ピアニスト、ピアノ指導者、そして、音楽を愛する全ての人へ

【お知らせ】主な受講曲目追加しました。

本年度は東京会場を追加しました(Aコース)

Aコース:2016年2月18日(木)、19日(金)、22日(月)
会場:渋谷区千駄ヶ谷5-29-7 ドルミ御苑401号室「日本ヴァイオリン アートサロン」http://www.nipponviolin.com/hall/art_salon.php

レッスンコース:ヴァイオリン
【講師】
●ジェラール・プーレ / Gérard Poulet (France) ヴァイオリン/Violin
講師プロフィールはこちら

Bコース:2016年3月12日(土)〜16日(水):4泊5日
宿泊・セミナー会場:中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ 他

レッスンコース:ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、室内楽、ピアノ指導者、初心者*
【講師】
●ルツ・レスコヴィッツ / Luz Leskowitz (Austria) ヴァイオリン/Violin・室内楽/Chamber Music
●ニコラ・ルーツェヴィチ/Nikola Ruzevic (Croatia・USA) チェロ/Cello・室内楽/Chamber music
●三谷 温 / On Mitani (Japan)ピアノ/Piano・室内楽/Chamber Music・ピアノ演奏法・指導法
他 
講師プロフィールはこちら

Continue reading

船越さやかのParis通信 第8回「パリは〈移動祝祭日〉!」

パリ通信 第8回「パリは〈移動祝祭日〉!」

去る11月13日に起きたパリ同時多発テロのニュースは、世界中を震撼させました。
 非常に恥ずかしいことですが、私は長年フランスで生活していながら、今まではこのような事件が起きても、どこか自分と関係のないこととして過ごしてきました。今年1月に風刺新聞シャルリー・エブドがテロの標的になったときでさえ。
 「そこに居合わせたのは、自分や友人だったかもしれない」とひしひしと思ったのは、今回が生まれて初めてです。犠牲になって亡くなられた方のためにろうそくを……という行為も、今まではただの自己満足や偽善のように感じられていましたが、今回はどうしても行かずにはいられませんでした。

スパークリングワイン

バタクラン劇場というコンサート会場も標的になったことから、テロの直後スペクタクル関係は60パーセントほど客足が落ち込んだとニュースでは報じていましたが、クラシックの演奏会は変わらず元気です。私自身毎週のように演奏会に通っています。どの会場も満席、すばらしい音楽はテロに屈することなく、皆に必要とされ続けています。

Continue reading

アーツ国際音楽セミナー2015秋の特別企画

特別レッスン+修了コンサート出演

~世界的ヴァイオリニスト ルツ・レスコヴィッツさんとコンサートで共演~
L.Leskowitz

場所:北海道・とかち中札内村L.Leskowitz中札内文化創造センター(レッスン・コンサート会場)
日時:2015年11月21日~22日

11月21日(土)
 日中(10:00~予定)レッスン
 夜:公開リハーサル
11月22日(日)
 昼間:コンサート出演

内容:レッスン(合わせ)、公開リハーサル、コンサート出演
費用:48,000円
募集人数:若干名(先着順)
宿泊:宿泊希望者は村内宿泊施設(フェーリエンドルフ)を特別優待料金にて手配します。
備考:優秀者はザルツブルクでのデビューコンサートシリーズへの推薦制度あり
以下のフォームよりお問合せお願い致します。

あなたのお名前(必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

電話番号 (必須) ※携帯電話可

ご質問欄:

アーツ国際音楽セミナー2015 in Paris

パリ国立高等音楽院、リヨン国立高等音楽院、パリ地方音楽院の著名教授が勢ぞろい

ginza3-7omote

 フランス音楽の伝統を象徴する「コンセルヴァトワール」の空間で、21世紀のトータルなレッスンをクリエイティヴな経験と最高の出会い、そして新しい自分の発見……
 かつてフォーレも学長を務めたマドリッド通りの「パリ音楽院」にて、多彩で充実した5日間を過ごしませんか?


セミナー会場:フランス・パリ地方音楽院
開催期間:2015年8月23日(日)~8月31日(月)

 2015年8月23日(日)【集合は22日(土)22時羽田空港】~8月31日(月)*講習会は8月24日(月)~28日(金)5日間 29日(土)終日自由  30日(日)パリ発31日(月)成田空港着

Continue reading

船越さやかのParis通信 第7回「ムニエ氏のバッハ……そして香水」

第7回 〜ムニエ氏のバッハ……そして香水〜

ムニエWeb

 先日、パリ7区のある教会で「アーツ国際セミナーin Paris」の教授のお一人、フランスチェロ界の重鎮であるアラン・ムニエ氏の演奏会に伺いました。ムニエ氏はフレンチエレガンスを絵に描いたような優雅な紳士。若い演奏家の活動を応援するためのさまざまな企画にも携わっていらして、とても現代的で柔軟な思考の持ち主です。
 ムニエ氏のバッハを聴いている間、現実の世界を抜け出して、光の降りそそぐ異次元に浮遊するような、不思議な感覚を味わいました。温かい音色は「神の声」というよりも、慈しむような、包まれるような、いたわるような……疲れた人の肩に手を置きやさしい言葉をかけるような、人間味にあふれたものでした。
Continue reading

船越さやかのParis通信 第6回「クロディーヌ先生、バッハコンクール覇者ジャン=クリストフ」

第6回 〜クロディーヌ先生、バッハコンクール覇者ジャン=クリストフ〜

Claudine Paris 1JC Dijoux Portru00E4t












 先日は、モンマルトルに近いビストロで、「パリ・レッスンプロムナード(『ムジカノーヴァ』で連載中)」でご協力いただいているクロディーヌ・メロン先生とランチ。彼女には拙著「ピアノ嫌いにさせないレッスン」にもご登場いただきました。

 もうすぐ定年(!)とは信じられないこの美しさ。彼女のレッスンのすばらしいところは、改善するべき箇所へのアプローチが、常に「楽譜の内容」「音色のイメージ」、そしてそれを実現するための「テクニック」という3本柱で構成されていることです。生徒が音楽的意味を考えずにひたすら指を動かしたり、また楽譜への理解が不十分なまま雰囲気で弾いたり……といった、「音楽」に向き合っていないピアノは、クロディーヌ先生のレッスンにはあり得ません。
 彼女が全面的に信頼し、定年後の後継者と定めたのが、今年8月「アーツ国際セミナーin Paris」の教授の一人、ジャン=クリストフ・ディジュです。彼は昨年のライプチヒ・バッハ国際コンクール、クラヴサン部門の覇者。同年ヴァイオリン部門の岡本誠司さんの優勝も、記憶に新しいですね。
 ジャン=クリストフは、ピアノとクラヴサンの両刀使いという稀有な才能だけでなく、教育活動にも大きく力を注いでおり、クロディーヌ先生の下で指導法の研鑽も積みました。クロディーヌ先生直伝のレッスン哲学は、彼の幅広い知識をさらに開花させ、惜しみなく分かち合う独特のスタイルのものとしています。
 今ヨーロッパでも大きな注目を集めている旬の音楽家、ジャン=クリストフの来日が待たれます! 「アーツ国際セミナーin Paris」は、彼のレッスンを気軽に受講するチャンスです。

Back 第5回「シャンパン」  Next 第7回「ムニエ氏のバッハ……そして香水」

船越清佳 Sayaka Funakoshi ピアニスト、音楽ライター

Sayaka 2012c (2)

〜プロフィール〜 船越さやか

船越さやかのParis通信 第3回「カフェ・レストラン 1」

第3回 〜カフェ・レストラン 1〜

 「カフェ」といえば「エスプレッソ」ですね。私は昔「トリコロール・青の愛」というフランス映画の中で、カフェのテラスに座ったジュリエット・ビノシュがエスプレッソとヴァニラアイスクリームを注文し、おもむろにアイスクリームにエスプレッソをかけて食べ始めるシーンを見て「パリジェンヌはこうしてヴァニラアイスを食べるんだ……カッコいい……」と感心した記憶があります(笑)。実際、フランスで生活し始めてから、そんなことをしている人を見たことは一度もありませんが。
 最近よく見かけるのが「カフェ・グルマン」。これはエスプレッソの横に、チョコレートムースやパンナコッタ、小さなケーキなど、数種類の一口デザートがワンプレートで供されるスタイルです。食事の締めくくりにデザートは食べたいけれど、フランス風の大きなタルトは無理……おやつにスイーツをちょっとだけ……と思うときにどうぞ。お店によってはティータイムヴァージョン「テ・グルマン」もあります。

Back 第2回「スパークリング・ウォーター」  Next 第4回「スパークリング・ワイン」

Continue reading

船越さやかのParis通信 第2回「スパークリング・ウォーター」

第2回 〜スパークリング・ウォーター〜

暑い日、レッスンの疲れをリフレッシュするのに最適なのが、スパークリング・ウォーター(l’eau gazeuse ロー・ガズーズ )です。
 フランス人は、食事のときに、炭酸入りの水を好む人が多いような感じがします。大体が「バドワ Badoit」、あるいは「サン・ペルグリノ San Pellegrino」というイタリアのメーカー。最近「バドワ」は、泡の細かい薄緑のボトルのものより、炭酸の勢いの強い「赤」ヴァージョンが人気があります。
 日本で有名な銘柄は「ペリエ Perrier」ですが、なぜか「カフェで注文する飲み物」というイメージが定着しているようで、レストランの食事のときに「ペリエ」が供されることはほぼ皆無です。
 同じ炭酸水でも高級ランクが「シャテルドン Chateldon」。庶民的なレストランでは置いていないところも多いかもしれません。ルイ14世が主治医の勧めにより健康のため愛飲したというエピソードが売りで、金色のラベルがいかにも「王様の水」というゴージャスな雰囲気を醸し出しています。「ル・ボン・マルシェ」の高級食品コーナーなど、ちょっとシックな店で入手可能。
 滞在中、いろいろ飲み比べてみてくださいね。

Back 第1回「美術館」  Next 第3回「カフェ・レストラン 1」

Continue reading

船越さやかのParis通信

第1回 〜美術館〜

 美術館鑑賞はパリでのマストイヴェント! でもレッスン日は「今日はルーブルへ!」という気分にはなれないですよね? パリ地方音楽院からメトロで数駅、あるいは徒歩で行けて、またあっさりと短時間で見学できる美術館を二ヶ所ご紹介します。
 コンセルヴァトワールと同じくパリ8区、モンソー公園の隣に位置する「チェルヌスキ美術館(7 avenue Vélasquez 75008 Paris メトロ2番 Monceau 3番 Villiers)」。イタリア出身の銀行家、アンリ・チェルヌスキ(1821~96)のかつての邸宅が美術館として公開されており、彼の素晴らしい東洋美術のコレクションの数々が展示されています。
 ヨーロッパのインテリアとアジアのオブジェが醸し出すハーモニー、その洗練に驚かされます。19世紀の西洋の富豪が愛した「東洋」にひととき身をゆだねるのも、静かな気分転換となるでしょう。
http://www.cernuschi.paris.fr/ja/bijutsukan/bijutsukan-ni-tsuite/henricernuschi
同じくパリ8区「ジャックマール・アンドレ美術館(158 boulevard Haussmann 75008 Paris メトロ13番 Miromesnil)」。こちらも上流の教養人ジャックマール・アンドレ夫妻の、19世紀半ばに建てられた豪邸。彼らが旅行を重ねながら収集したイタリア、フランス絵画、彫刻、調度品が展示されています。
 見学の時間がなければ、優雅なティーサロンでティエポロの絵画にかこまれ、香り高いお茶とスイーツだけいただくことも可能。夏はテラス席が狙い目です。http://www.musee-jacquemart-andre.com/fr/decouvrir

Continue reading

アーツ国際音楽セミナー2015イン《北海道・中札内村》開催

早春の北海道、大自然に包まれた静寂・・・
音楽を奏で、自己を見つめ、そして仲間と語らう素晴らしいひとときを・・・

小学生から、音大生、ピアニスト、ピアノ指導者、そして、音楽を愛する全ての人へ

日程 2015年3月12日(木)~21日(土)

A日程:3月12日(木)~3月15日(日):3泊4日
レッスンコース:ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、室内楽、ピアノ指導者、初心者※
【講師】
●ルツ・レスコヴィッツ / Luz Leskowitz (Austria) ヴァイオリン/Violin・室内楽/Chamber Music
●エレナ・イサエンコヴァ/Elena Issaenkova (Russia) ヴァイオリン/Violin・ヴィオラ/Viola・室内楽/Chamber Music
●小林美恵 / Mie Kobayashi (Japan)ヴァイオリン/Violin・室内楽/Chamber Music
●三谷 温 / On Mitani (Japan)ピアノ/Piano・室内楽/Chamber Music・ピアノ演奏法・指導法

B日程:3月18日(水)~3月21日(土):3泊4日
レッスンコース:ピアノ、ヴァイオリン、室内楽、ピアノ指導者、オーケストラスタディ
【講師】
●ジェラール・プーレ / Gérard Poulet (France) ヴァイオリン/Violin
●小森谷 巧 / Takumi Komoriya(Japan)ヴァイオリン/Violin・室内楽/Chamber Music・オーケストラスタディ/Orchestra Study
●三谷 温 / On Mitani (Japan)ピアノ/Piano・室内楽/Chamber Music・ピアノ演奏法・指導法
他 

Continue reading

『中札内村収穫祭』アーツ国際音楽セミナー秋の特別企画

『中札内村収穫祭』アーツ国際音楽セミナー秋の特別企画

特別レッスン+収穫祭コンサート出演

〜世界的ヴァイオリニスト ルツ・レスコヴィッツさんとコンサートで共演〜

  • 場所:北海道・とかち中札内村L.Leskowitz中札内文化創造センター(レッスン・コンサート会場)
  • 日時:2014年11月23日〜24日
  • 終了いたしました
    11月23日(日・勤労感謝の日)
     昼間:ルツ・レスコヴィッツさんと収穫祭に参加
     夕方:レッスン
     夜:公開リハーサル
    11月24日(月・振替休日)
     昼間:コンサート出演

  • 内容:レッスン(合わせ)、公開リハーサル、コンサート出演
  • 費用:48,000円
  • 募集人数:若干名(先着順)
  • 宿泊:宿泊希望者は村内宿泊施設(フェーリエンドルフ)を特別優待料金にて手配します。
  • 備考:優秀者はザルツブルクでのデビューコンサートシリーズへの推薦制度あり

Continue reading